NEWS

新着情報

フォークリフト事故防止対策

|

2020.06.01

みなさまこんにちわ!

当社のフォークリフトの爪は1.5mあります。

物流業界で流通しているパレットは殆どが1.1m角のいわゆる「イチイチパレット」と

言われているパレットです。

そのようなパレットの積卸しをするのに爪の長さは1mほどでいいはずですよね。

なのになぜ爪が1.5mあるかと言うと

4tや10tのウィング車輌からパレットを荷卸しをする際、ウィングを開けて

パレットを荷卸しするわけですが片方だけを開けて抱き合わせている奥のパレットを

引き出すために1.5mあるのです。

しかし通常イチイチのパレットに爪を奥まで差込んだとき、爪の先が出てしまい

奥のパレットまで引っかかり落下事故などの発生が懸念されます。

そこで爪先から1.1mのところにマーキングを行いこれ以上爪を入れたら

先が出ますよと分かるようにしています。

爪の表面にくぼみをつけそこに塗料を流し込みます。

表面にペイントするだけではパレットとの摩擦で直ぐに剥がれてしまいます。

あとは警告ラインを赤でペイントして視認性を上げます。

荷卸しをしていると集中するあまり爪の長さを忘れることがあります。

単純なことですが目で見て判断して事故防止対策が出来ることは大事なことですね。

今後も事故が起きないように色々な対策をしていきます。

ありがとうございました。

東大阪営業所 金井

オンライン打ち合わせ対応!

お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.06-6340-7391

平日8:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら