大阪商運株式会社

▲ close ▲

大阪を拠点に運送サービスを全国にご提供

  1. TOP
  2. 出庫点呼
東奔西走はこびや商運/大阪商運ブログ

出庫点呼2018/06/11の記事

安全ブログにお越し頂きありがとうございます。

大阪運輸部の桝です。

ニュースや新聞で一部報道があったので、ご存じの方もおられるかと思いますが、
6月1日より貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正となりました。

バス・タクシー・トラック事業について、運転者の睡眠不足による事故の防止を一層推進するため、
睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等を明確化し、点呼簿の記録事項として睡眠不足の状況を追加します。
※国土交通省HPより

簡単に言いますと、
朝の出発前点呼時にドライバーへ寝不足かどうかの確認をしなければいけない。
もし、ドライバーから寝不足であると報告を受けた際は、運行をさせてはいけない。

というものです。

ネットニュース等でも取り上げられていますが、
寝不足の基準は?と事業者・運転者どちらからも不満が漏れている状況です。

しかし、法律は法律。弊社も遵守していかなければなりません。

早速、点呼システムには寝不足有無のチェック項目を追加しました。

あとは、『寝不足』にならないようにするにはどうすればよいか・・・という議題に対して
まずは、法律を超える拘束時間をオーバーしないこと!
これはもちろん、今までもオーバーすることはありませんでしたが、これからはより一層注意していく所存です!

また、これはドライバー各自の努力になってきますが一定以上の睡眠時間を確保すること!
もちろん、人によって十分な睡眠時間というものはまちまちですが、
いろんなデータを元に平均して6~7時間の睡眠の確保が必要であるかと客観的に判断できます。

法律を守ったからといって、居眠り運転が絶対に起こらないという保障はありません。
もちろん、法律は最低限守らないといけませんが、弊社の業務に応じた寝不足にならないような努力をこれからも追及し、
全社員無事故・安全運転に努めていきたいと思います。